債務整理にかかる費用を公開【借金の苦しみから逃れられる方法】

過払い金請求を検討

男性

資料が無くても大丈夫

債務整理で過払い金を検討しているが、手元に資料がない、消費者金融は借金をしていたことは覚えているが当時の契約書も完済をしたときにすべて処分してしまった、それでも過払い金請求はすることができるのです。借り入れをしていた消費者金融の会社名さえ覚えていれば大丈夫なのです。弁護士に債務整理の相談をすると消費者金融に対して受任通知を発送するのですが、その書類には相談者の氏名や生年月日、住所、他に本人確認ができる運転免許証の番号などが掲載されています。受任通知を受け取った消費者金融は、その情報を元に該当顧客があるかどうかを顧客データベースから特定します。これで本人確認ができるので、履歴を開示してもらうことができるのです。債務整理で過払い金の相談をするなら調査費用は無料で行ってくれる事務所があります。過払い金があってもなくても調査費用は無料です。実際に過払い金返還請求になるとなっても着手金も無料ですが、返還に成功した場合の報酬金は費用が発生します。その費用も取り戻した過払い金から支払われるので実質無料です。そのため手ぶらで何も持たずに弁護士事務所に過払い金の債務整理相談をすることもできるのですが、借りていた消費者金融の会社名を覚えていない方も稀にいるのです。消費者金融の会社名は「ア」から始まる会社名が多いので戸惑う人もいますが、そういった方は信用情報機関に照会をかけることで手数料はかかりますが借入れ履歴を調べることができます。

Copyright© 2018 債務整理にかかる費用を公開【借金の苦しみから逃れられる方法】 All Rights Reserved.